読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワークライフ・バリュー〜きっと見つかる自分らしい働き方

スゴくなくても、資格がなくても、何歳からでも働ける!自分らしく働き続けて人生を楽しみたい人を応援します

本のサイト『ビーカイブ』に『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』が紹介されました

本のサイト『ビーカイブ』に『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』が紹介されました。

『ビーカイブ』は、本を中心としたニュースサイト。「複数のファイルやデータをひとまとめにして保存する」や「書庫」という意味である「アーカイブ(archive)」と「本(book)」をかけた造語です。

 ↓  ↓ click!

b-chive.com

『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』は未知の可能性を広げてくれる本

読書習慣を身につけたい。でもなんだか苦手と思っているあなたに。

「年間何百冊とか読めたらいいよね。でも自分には無理だな。速読しなきゃ、でしょう」

「成功する人はほとんど読書家だよね。読んだら実践しなきゃ、っていうところまでなかなかいけないんだよね」

「読書感想文が本当苦手だったよ。漫画とか活字とか、そんなに嫌いじゃないけど、なんか、ほめられることを書かなきゃいけない感がどうもあって」

 本を読みたい。

でも、なぜだか苦手、そう思っている人は多いのではないでしょうか。

そんなあなたに、この本をおすすめします。

世界一やさしい読書習慣定着メソッド

世界一やさしい読書習慣定着メソッド

 

 「すごい書評家でも、意外とそうなの?」とまずはハードルが下がる

まずは「はじめに」のところで、「読書が苦手」と思っていることが実は思い込みなのではないかという気づきから始まります。
本当に、根本的に苦手な人はそうそういないよ、と優しく語りかけてくれるのです。


著者の印南敦史氏は「ニューズウィーク日本版」「ライフハッカー[日本版]」「WANI BOOKOUT」などで連載を持つ著名な書評家。

ダヴィンチ」「THE 21」などにも寄稿し、今回の新刊『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)をはじめ、『遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣』(ダイヤモンド社)など著作多数を持つ作家でもあります。

その読書量は年間700冊超というのですから、さぞかし速読はお手の物で、要点を脳にどんどんインストールしているんだろうな〜と、私たちは勝手にイメージしますよね。
ところが、それをのっけからくつがえされてしまうのです。


 著者である僕は「すごく速く読める人」だと思われるかもしれません。
 もちろん、作家/書評家という仕事柄、毎日毎日読み続けてはいます。……略……だからといって僕自身は、自分の読書ペースや精度が上がり続けているとは全く自覚していないのです。……略……「自分の読書はまだまだだ」「自分の読書に満足できない」というような思いもいまだに強いのです。……略……
 ですから、とてもじゃないけれど「読書道を極めた」なんて考えられません。そんなこと、恥ずかしくて口に出せません。

 

「あらっ、そうなんですね!」と思わずつぶやいてしまいませんか?

著者ほどの方でもそうなのです。ましてや一般の私たちが速読ができなかったり、精度が上がらなかったりしても、何ら悩むことはない!と思えてきます。

第1章に入る前から、もうハードルが地上5センチくらいにまで下がってしまいますね。本当に、優しい。何にもこわくない。万全の態勢で、「ようこそ、本の世界へ」と迎え入れてもらえる感じです。

 

f:id:canyway:20170404052929j:plain

「なければはならない」を手放そう

ハードルがブンッと下がったところで、さらに本書は語りかけます。

まずは、次の2つのナンセンスを頭のなかから排除してください。
1 熟読し、書かれているいことのすべてを頭に叩き込まなくてはならない

2 時間を効率的に使うため、速読しなければならない

確かに!せっかく読むからには、とつい念頭に置きがちなところです。

さらに「本が苦手」と思っている人は、実は苦手なわけではなく「義務感」によって読書への道を阻まれていると。
そう、自分のスキルのせいではなかったんですね。

1「読まなければいけない」という義務感

2「理解しなければいけない」という義務感

「〜しなければいけない」と押し付けられるからこそ、本当は楽しいはずの読書が苦しいものになってしまっているということです。( P37)

思えば、小学校にはいったあたりから私たち日本人にとっての読書は常に「〜なくてはならない」「ねばならない」とセットにされてきたかもしれません。

「義務感とセットの読書」にさようならを告げましょう!すがすがしいですね。

さあ、この時点ですでに、読書のハードルは地面レベル、つまりゼロの地点までリセットされました。
自由に、自分だけのために読めばいい。誰のためでもないんですもんね。一体いままで何にとらわれていたのだろうという気持ちになるかもしれません。

自由に、自分だけのために読めばいい。誰のためでもないんですもんね。

あとは、ワガママに奔放に楽しむだけです。

ワガママに楽しみながら、「自分だけの価値観をつくる」

この第2章がまたまたツボです。
私は日頃から新聞を好き勝手に読んで自分の価値をつくるということをしているのですが、そのエッセンスがここにあると思いました。

読みたくなるメソッド

読み進めるメソッド

習慣づけるメソッド

 

「メソッド」と読むと、ちょっとおカタイ感じがするかもしれませんが、全然そんなことはありません。

・「やらなきゃいけない感」から脱する

・「100%」に執着するのはやめる

・1%を見つける「フリー・スクラッピング」

・"どうしても読めない本"はとりあえず寝かす
などの「ゆるそうな」ところから取り組めばいいと思います。

冒頭で「そうそう、読書苦手なんだよね」と思った人は、多分ここでもこの順に読み進めると思うのですが、目次を「バン」と開いて眺めて、この第2章を順番に「こなさなくてはいけない」と思ってしまうかもしれません。
でも先ほど「なければならない」を手放したので、ホントにできるところからでいいと思います。

そうするうちに、自分の「本を読むコップ」の容量が増えてきて、「あ、もうちょっといけそうだ」と自然にステップアップしていける感じです。
全体に流れる「押し付けがましくない」語りかけが、スムーズに本の世界に導いてくれます。

第3章以降は、さらに「自分らしい読書」に出会うための提案だと解釈しました。

お預けにしたり、言葉にできない感覚も大事にしたりと、従来の読書にはない概念なども交えて、自分のアンテナがのびるほうに向かっていけばいいのだと思います。

「読書の苦手」を克服する以外にも応用できる「深く・広い」本

ところで、最後にワガママに勝手に解釈してみますね。
そもそも本書は読書を苦手だと思う人向けに書かれたものですが、私自身は読んでいて「あ、この考え方他でも使える」と思ったところが随所にありました。


・読書以外にも、「物、人、情報」との付き合い方に通じる

・読書以外でも「なければならない」を捨てることで、未知の可能性が広がる

・「基本に忠実」にとらわれず、ワガママに好きなように(読書をする)やってみるのも悪くない

・時間がなくても、10分20分確実に何か(読書)をすることで長く続く

・何もしていない時間に気づくと毎日が変わる

 

ということで、読書が苦手だと思う人はもちろんなのですが、それ以外に「何かが苦手」だと思う人にもちょっと読んでもらいたい本です。

何をかくそう、私自身は「苦手なことはしない」タイプだと思っていましたが、冒頭で「実は苦手じゃないかもよ」と優しく語りかけられたことで、「そうかも」という気持ちになり、なんだかわくわくしてきました。

何かを苦手、って実はよっぽどチャレンジした後に言えることですよね。
「セロリをなんど食べようとしてもだめだった」とか「お酒を飲もうとしたけれど、何度試しても2杯で寝てしまう」とか。
でも読書についてはきっと「何となく苦手」とだけ思い込んでいる人が圧倒的に多い気がします。

本屋さんで手に取って、この本の「はじめに」だけでも読んでみてください。

案外苦手じゃないかも、です。

そして、読み進めるうちに、無性に本を読みたくなってしまいます。

だいじょうぶ。

誰にも何にも遠慮することなく、好き勝手に読んでいいのですから。 

 

世界一やさしい読書習慣定着メソッド

世界一やさしい読書習慣定着メソッド

 

 

 

 

 

 

書評誌『TOP POINT』に『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』が紹介されました

『TOP POINT』という書評誌があります。

1987年から30年以上も愛読されている同誌は、毎月大量に発行される新刊書の中から、多忙なビジネスパーソンに代わって、月に100冊をピックアップして熟読。
さらに「一読の価値ある書」を10冊厳選して、正確に要約して読者に届けるというもの。

f:id:canyway:20170324093251p:plain

www.toppoint.jp


そのなみなみならぬ使命感は、「広告を一切取りません」という方針からうかがい知れます。

広告を取ると、どうしても広告主に対する配慮が生じ、紹介書籍の選定や原稿内容に影響が出る、と考えます。そのため、小誌では広告を掲載いたしません。 

 今回、拙著が選ばれたのは、その10冊の枠と別に設けられた「ワンポイントレビュー」というところです。

毎日200冊の新刊が出ると考えれば、ひと月に6000冊です。

そのなかから「今月の」ということで取り上げられる22冊のなかの1冊なので、本当に光栄です。


『TOP POINT』編集者の皆さん、読んで、選んでいただきありがとうございました。

言葉の定義をちゃんと知る

自分が今いる場所。どこにいてどういう状態なのか
そこに無頓着な人は意外と多いです。

先日取り上げたいただいたライフハッカー[日本版]でも
http://www.lifehacker.jp/2017/03/170324_book_to_read.html
序章「そもそも、フリーランスって?」の中の「フリーランスは、独立? 起業?」という項目が掲載されました。

「そんなことどうでもいいじゃん」
「そんな区別は稼ぐ稼がないに関係ない」
という意見もあるでしょう。

けれど、言葉の定義を知らずにいることで、在り方にも影響してくるとしたら、知るにこしたことはありません。

・自分が今どこにいるか
・独立すること、起業することはどんな意味があるのか
を意識することは大切です。
たとえ小さくても自分のポジションから、社会に対して何をできるか……を主体的に考えることにつながるからです。

逆にその意識がない場合、何かうまくいかないと、
・景気が悪いから
・運が悪いから
と他責にしがちです。

主体的に考えることができれば、仕事のしかた自体が受け身にはならないので、道を切り開いていく姿勢をキープできます。

たとえば、私は独立当初
「前田さん、会社にしないのですか」
「法人化したほうがもっと大きい会社に口座を開設できるでしょう」
とよく言われました。

そのときは、若さゆえの青さもあり
「法人か個人かという区別で仕事の依頼を左右されるなら、その会社とはご縁がなかったというだけです」とお答えしていました。
それに、「すでに子どもを背負っているので、このうえ会社まで背負えないと思います」とも。

最近ではもっと視野もひろがり、あまりそういうことにこだわってはいませんが、あのときそう言い切ったことでふんばれた時期は確かにあります。

自分は今どこにいるのか。
周囲の方々に対して何ができるのか。
この社会にどんな価値を提示できるのか。
すべては、足元を見つめることから始まるのだと思います。

ライフハッカー[日本版]で『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』が掲載されました

f:id:canyway:20170325090311p:plain

ライフハッカー[日本版]で『前田さん、主婦の私がフリーランスになれますか?』が掲載されました。

書評家の印南敦史氏は、読書に関するベストセラー『遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣』『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』など著書多数あり、ご自身も年間700冊超を読破する方。

ピックアップされた箇所は、私自身もこだわっていた内容でもあり、嬉しく思います。

しかも……さすがですね!
冒頭のこのシンプルな一文に全てが凝縮されていると感じました。


いってみれば本書は、その主婦のようにフリーランスを意識しているすべての人のために書かれているのです。


力強く感じます。
印南敦史様、本当にありがとうございます。

 

「自分の仕事を改めて見つめ直せる一冊」と紹介していただきました

「鎚起銅器職人」大橋保隆さんが、

自分の仕事を改めて見つめ直せる一冊

『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』をご紹介くださいました。

 

鎚起銅器(ついきどうき)とは、一枚の銅板から継ぎ目のないかたちをつくる伝統の技。
一打ち一打ち丹念に銅を打ち、イメージをかたちにしていく匠の仕事です。

職人さんのていねいな日々の中で、大橋さんのおそばに拙著を「佳き友」としてくださる……とてもあたたかく、うれしく感じます。

f:id:canyway:20170324100524j:plain

許可を得て、貼り付けます。
大橋さんの、手触りのある言葉。私の心にもしみわたりました。 

本日は
お気に入りのコーヒーと共に
無線LANを求めてノマド事務所を
燕市役所だったり
商工会議所だったりを巡りつつ仕事を進めております。

昨日の流れから
節目の年として
自分の持っている情報発信を
もう一度纏め直しています。
ハブとしてのHPを
自分也に構築し直し
来年はHPの本格的改装を目論んでおります。

そんなタイミングで
先日から読み込ませてもらっている
前田めぐるさんの新刊
「前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?」は
佳き友になってくれています。

背筋を伸ばしてくれる様な文章と
言葉の暖かみがあります。
フリーランスとして自由と責任は
いつも背中合わせ。
会社勤めが合う人も入れば
フリーが性に合う人もいると思います。

どちらの方も一度
自分の仕事を改めて見つめ直せる一冊
だと思います。
是非、一読頂けたら
その意味が分かってもらえると思います。

こんなノマドな時間を過ごした後は
家に帰って一所懸命に製作。
朝7時から午後3時までが8時間なら
お昼12時から夜8時までも同じ8時間。
7月からの個展ツアーに向けて
先ずは自分也のHP仕上げてみたいと思いますので
暫しお待ち下さい。

フリーランスで始める前に、
そして今フリーランスでも改めて見つめ直したいときに
ぜひ手に取ってみてくださいね。

 

「あれこれやそれこれ」のサキさんの「まとめ力」

 本のことばかりで失礼します。

章立てはこんな感じです

序章 そもそも、フリーランスって?

わかるようでわからないフリーランスという仕事、その仕事のなりたちやメリットやデメリット、どんな仕事がフリーランスに向いているかなどがまとめられています。

第1章 何から始めたらいいの?【準備】

フリーランスとして仕事を始める前の準備編です。心がまえとして持っておきたいこと、資金や事務所、資格がいるかどうかなど、

第2章 オリジナルを尖らせるには?【商品】

実際にフリーランスとして仕事を始めるにあたって、自分という商品の価値を作り上げることに必要な事は「自分だけのオリジナル」を見出すこと。そのために必要なものやチェック方法、自分の強みを見出すための秘訣などをまとめてあります。

第3章 価値を伝えて頼まれるには?【情報発信】

フリーランスの仕事というのは自らを商品として発信していくことが大事。ブログやSNSといったセルフメディアの使い方、自分という商品のブランディングについて学べます。まぁこのブログを今読んでいる方なら得意な方が多いと思いますが(笑)

第4章 次の場所へ行きたい【セカンドステージ】

フリーランスとして仕事を始めた時につまづく問題、うまくいくはずなのにうまくいかない、売れる商品のはずなのに売れない、そんな時にちょっと気づくことができる改善策や考え方、今までの考えに新しい価値を与える方法などを紹介しています。

第5章 育児・介護と仕事は両立できる?【ライフイベント】

主婦が仕事をする上で考えなくてはならない家事や育児、介護のこと。理想論だけでなく著者が実際に経験してきたことを踏まえながら、その難しさと考え方のチェンジ、クライアントに伝えておくべきことなどをまとめています。

終わりに

ここもいいです。見事に「働きたいと思っている主婦の方」の背中をグッと押してくれる文章だと思います。45歳男子の僕が思うんですから間違いがありません。

前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?

前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?