読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワークライフ・バリュー〜きっと見つかる自分らしい働き方

スゴくなくても、資格がなくても、何歳からでも働ける!自分らしく働き続けて人生を楽しみたい人を応援します

「高飛車な人」と思われずに、言いたいことをしっかり伝える方法

「ちょっとついでに、そこも直しといてよ」

「2、3案でいいから、サクッとサービスで考えてよ」

「コンペなんだけど、成功報酬で企画出せない?」

 

もしあながら、そんな風に言われたら、どうしますか?

 

「ついでと言っても、これ単独なら普通は数万円かかる修正なんだけどな」

「サクッと考えるだなんて……それなりに市場を調査して、資料も読みまくらないとできない仕事なんですけど」

「せめて、実費だけでも配慮してくれたらいいんだけれど」

 

心の中ではそう思っているのに、「仕事をいただく側だから」と、グッと言葉を飲み込んで、気が向かない仕事を無料や破格値で引き受けたりしていませんか?

 

f:id:canyway:20170416181900j:plain

 

フリーランスは言いたいことが言えない。
そう思い込んでいる人が結構多いと感じます。

かといって、

高飛車な人と思われたくないばかりに、なかなか自分の思いを言い出せない。

最後の最後になって
「ついで仕事はやってないんです」
「お友達価格というのはないんです」
「言いにくいんですが、そのやり方は無理で……」
なんて最後に切り出してしまうと
結果的に、かえって相手の方にも迷惑がかかることになりかねませんよね。

 

だからこそ、言いにくいこと、最初に明言しておきましょう。

言いにくい? 

だったら、私が使っているフリーランスのトリセツ」を知ってください

拙著『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』

https://goo.gl/5r2F2z

に掲載しています。

読んだ人は、クスッと笑って

しかし、ちゃんとこちらの気持ちを理解してくれるので

「使ってあげてる」「頼んであげてる」という上から目線での発注はなくなります。

 

そして、お互いに優先順位の高い関係性を築くことができます。

『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』

に掲載した「フリーランスのトリセツ」はそんなトラブルを回避するためのツールです。

フリーランスのトリセツ」の増刷、あがってきました!

来週、そして5月以降お会いする皆様にお渡ししますね。

ーーーーーー

『前田さん、主婦の私もフリーランスになれますか?』

出版記念イベントとワークショップのご案内です。

4/20 京都
https://www.facebook.com/events/1719620571663262/


5/11 広島・福山市

http://ameblo.jp/westudy-fukuyama/entry-12265201918.html


5/20 愛媛・松山市

https://www.maedameguru.com/2017/05/20/matsuyama/